☃️バイクで見てきた世界⛄️

不整地な場所を好んで走るバイク乗りが様々な世界を見てくるウェブログ٩( 'ω' )و

冷たい風に当たり続けるアルミのレバーはキンッキン❄️


今晩は!

12月に入ってから気温がカクッと落ち込んで来て着る服も厚手の物になって来ました。

さて、バイクや自転車に乗っていると手が悴んで痛くなりますが、追い討ちを掛けるかの如く指先にダイレクトアタックを仕掛けてくるのが、外の空気に晒されキンッキンに冷やされ続けるアルミのレバー!
WR250R冷たいブレーキレバー

冬は指先なんか冷たいのにもう本当痛いです!

11月の中頃はそこまで冷たさ感じなかったんですけどねぇ。。。
1120のちょっと冷たいブレーキ

去年は冷たい痛いを感じた記憶が無いので何してたかなって撮った写真を眺めてたら殆ど自転車乗ってない事が分かりました😴



レバーの冷え対策品もある。けど…


多くの人がこのブレーキレバーからくる冷たさを回避したいという事でいろんな会社様がブレーキレバーグリップやブレーキレバーカバーという商品名でレバーにスポンジやシリコンカバーを被せれる様な商品があります!
シリコン系の物はレバーのサイズが少し大きくなるだけでそれほどフィールに影響しなくて良いのですが、レバーの形状に合うものを探すのが割と大変。

スポンジ系は割とどんなレバーにも装着出来て良いのですが、冬は分厚めのグローブをはめるのにさらに厚めのスポンジが着くのでレバーがフニャフニャします(ツーリングは逆にそれのおかげか割と楽になります)あと車種というかクラッチやらブレーキやらのレバーを作ってるメーカー次第だと思いますが、レバーそのものがアルミでは無くカーボンにする事でさらなる軽量化とカッコよさと冷え対策が出来る優れ物もあったりしますが、良いお値段🤑お金は幾らあっても困らないから欲しい!🤑


ぴったりフィットして薄くて冷たくなりにくい物…


熱収縮チューブだ!これなら値段も非常に安いし装着もライターかヒートガンで行けるし色も選べる。

いや、熱収縮チューブがありなら、以前買って使う機会が全く来なかったこれの出番では?!
AZラバーペイントブラック

そう!ラバーペイント!!これならシュリンクチューブやスポンジ系カバーの様に切断面で段差が出来る事もないし、レバーの形状を維持したまま冷たさを回避出来る。。。!

それに熱収縮チューブの比じゃ無い程色を選べるし、最近はマジョーラな色までラバーペイントで出て来ているからオリジナルカスタムも出来る!何より失敗したり飽きたりしたら剥がせば良いだけだし。

ひょっとして良い発見をしたのでは?😏

てなわけで、早速アルミレバーを外してラバーペイントしていきます( ✌︎'ω')✌︎

割と適当でも全然仕上がりは綺麗!


スプレー缶の塗り方はどれも一緒だと思いますが、参考にしたのはドリフト天国のこちらの動画。


まずはレバーの取り外しですが、マグラMT5は銀色のピンが圧入されているのでこれを取り外します。
MT5レバーピン写真

取り外すとレバー本体とリバーススプリング(どこかに消えそうなのでお皿に乗せたりする方が良さそう。)とピンの3つになります。
MT5レバーとスプリングの写真

んで、マスキングテープで可動部やブレーキのマスターシリンダーを押す部分をマスキングするのですが、マスキングテープがどこかに消えたので今回は養生テープで処理しました(硬くて大変でした)
MT5マスキング処理写真

あとはパーツクリーナーなどで脱脂して
MT5レバー脱脂写真

ハンガーにクリップ挟んでこんな感じに。(海老天みたいな感じに。。。)
MT5海老天写真

いきなり厚塗りしない様に軽ーく吹いて冬なので10分放置。
MT5発塗り写真

元々凸凹してるレバーなので塗れてるのかちょっと見難い。

塗って10分放置、塗って10分放置を4回繰り返しこんな感じ。
塗装完了MT5レバー写真

んで、硬化してしまうとマスキング部分を剥がす時にせっかく塗ったラバー部分もひっぺがされるらしいので早々に剥がして、
MT5ラバーペイント
見たものの、部分的にマスキング部分に引っ張られてしまったので、感覚的に最終塗装が済んだらさっさとマスキングは剥がした方が良さげ。

完全な硬化には4時間程度掛かるそうなので、一晩家の中で放置。

後日、外に出て写真を撮ってきたものの、これまた背景にピントがあってしまい酷い写真に😢
ピンボケMT5写真

までも、見た目はそんなに大事ではないので。

肝心なのは指にくる冷たさ!


65%成功かな?。。。

まずレバーに触って居たくない程の痛みにはならなくなったのは素晴らしい( ✌︎'ω')✌︎

なんか冷たいものに触れてるなって言うのはグローブをしていてもまだ解る。

4度塗り程度のラバーペイントだと目的の断熱には成らなかったのでその内重ね塗りを改めてしようと思います。(結構厚塗りした方が冷たさ対策には良いはず。)

ただレバーのデザインを変えること無く、しかもぴったりフィットしていてずれる事も無く、変にゴツゴツする事もないのでフィーリングを変えたくない人にはお勧めできる施工かなと思います。

次は何しようかなぁ🤔

それではまた〜
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット