☃️バイクで見てきた世界⛄️

不整地な場所を好んで走るバイク乗りが様々な世界を見てくるウェブログ٩( 'ω' )و

PCX125、ADV150、NMAX125、、、うーーーーーん_:(´ཀ`」 ∠):


ADV150メーター写真
出典:ADV150 | Honda

とぉ〜ってもお久しぶりです!ゆきだるまです。

少ない収入で細々ひっそりと生活をしていましたが、如何にもこうにも身動きが取れなくなって来て(あぁ働きたく無いよ〜_:(´ཀ`」 ∠):)となっていましたが、まだまだ人生は長くなりそうなので働くことに。(無事社会復帰?就職できました)

で、少ない収入で生活していたので、貯金がある訳でも無いので会社へはひとまず公共交通機関と徒歩で通っているのですが、通勤がまぁ大変。(インター周辺なので公共交通機関が乏しい。。)



近所への買い物とか通勤メインだから極力楽な乗り物がいいなぁとは思うものの、やっぱり見た目も大事だよね。

そんなわけでADV150を眺めてるのですが僕の嗜好にバッチリ刺さるんですよこのスクーター。

見て!オフィシャルサイトのかっこよさ!


ベースは旧PCXということなんですが、見た目はもう全くの別物で、加えて足回りのセットアップも大幅に異なっていて、僕としては別物という認識です。

PCXはこれ。


PCXは以前友人が乗っていたので、その時にちょっと乗らしてもらったのですがその時に感じたのが
良く言うと 癖のない軽快なスクーターで、気がついたら速度も乗ってて市街地を走るのに十分な乗り物。
悪く言うと 刺激も楽しさもよくわからない前に進むだけの乗り物。

こんな感じで、一言で言えばエンジンのついたママチャリ。

だからこそ、通勤メインの人によく売れている人気車種なんでしょうね。

、、、で。

この軽快なスクーターとは性格が少し?違うYAMAHAから販売されているNMAX125というスクーターも気になっています。



スクーターにスポーティーさを求める?と言われると耳を塞ぎたくなるのですが、多分スクーターでプチツーとか行きたくなると思うんですよね。多分。

よくまとまったこの3つのスクーターなんですが、共通しているのが自分のスクーターに対する価値観と比較した時にとても高い。

性能とか機能を考慮すると全然安いのは分かるんですが、足であるスクーターにこんなに出すの?って躊躇ってしまう。

価格的には125周辺のスクーターって新車でこのくらいイメージしているので、身の丈にあったスクーターならこれが良い。燃費もいいし!



車両重量自体も100kgしかないから取り回しもすごい楽でいいんだけど、風防が多分ハンドルバー固定タイプになるんですよねこの車体。

楽したいのも事実なので、悩ましいところ。

とか悩みながらAmazonを眺めて非公開の欲しい物リストは悩みに悩んでいるのが良くわかる状態に。

Amazon干し芋 2022-05-03

価格的にそんなに変わらないならいっそのことklx125とかにしてトップケースでもいいんじゃね?いやでもklx125 は小さくて膝が痛くなるしなぁ、やっぱりNMAX125かなぁ。



悩んではいるものの、大凡NMAX125で決めよう!と思った矢先


通勤とか買い物とか楽に行動したい話どこ行ったんだお前みたいな自分でツッコミ入れてぐさっとしっかり刺さっております。

僕が使っているのはAndroidスマートフォンなのですが、androidにはGoogle Discoverというユーザー特性に合わせたニュースサイトや興味のありそうな記事を紹介してくれる機能がついていて、そこにこんな記事が出てきたんです。

【KLX150BF SE試乗インプレ】 オフロードデビューにピッタリの車格とパワー



あぁ_:(´ཀ`」 ∠):なんてものを見せてくれたんだ。。。。。

klx125 の僕の中のネガティブな部分(コンパクトさ故の膝周りの窮屈さ、ミニモト故のタイヤ選択肢の少なさ、ヘッドライトカウルのデザイン)がごっそり消えてて、klx125 の良いところである取り回しのよさは損なわず見た目もカッコよくなっている。

もちろん、総合的に見ると
・150ccなのに125のPCXより馬力が低く(え?w)
・メーターはODOメーターしかない(トリップメーターがないから給油からどのくらい走ったかわからない)
・2022モデルにも関わらずインジェクションじゃなくキャブレターで始動性に若干の不安がある
・加えて日本では一般販売されていない(インドネシアらしい)ので、klx125との共通部品でない足回りや電気周りが破損した時は入手性に不安は残る。

という部分はあるものの、トータルバランスと見た目が刺さってしまったわけです💘

しかもKLX150BFじゃなくてDトラッカー150SEにw

元々スーパーモタードというカテゴリのバイクがとても大好きなのですが、モタードにする事でオフロードに行けなくなるのが嫌でWR250Rに乗っていたのですが、そもそもスーパーモタードだってクローズドコースではありますが土の上走るじゃんって思い出したのでより好きなモタードを。

スーパーモタードというのは オフロードバイク に オンロードタイヤ を履かせて、オンロードサーキット と オフロードコース を組み合わせた周回コースを誰が一番上手く早く回ってこれるかというイカれた競技です。はい☺️

詳しくは以下の動画を見てください。



オフロードコースには当然ジャンプ台もあります。

元々はスーパーバイカーズという二輪車の扱いは誰が一番上手いのか?みたいな企画のレースだったようで、アメリカで発祥した物らしいです。

その後フランスで根付いた競技になり、今ではモタードと言えばフランスくらいのイメージになりつつあります。

イカれた競技性を持っていることもあり、モタードバイク自体がモトクロッサー以上に派手なグラフィックや目立つ装備をつけていて、刺激的でとにかく飾りっ気も強いです。

日本でよく見かけるのはWR250XやD tracker250のカスタムされたバイクですね。

krazyさんというアグレッシブな情報発信をされる組織?アパレル販売?がありまして、そこで紹介されるモタードがかっこいい+派手で、とても好き。

krazy モタード - Google 検索



牙のない、見た目だけ。


Dトラッカー150は競技性を持ち合わせたエンジンやサスペンションではないのであくまで見た目だけですが、目を引くデザインであることは間違い無いです。(あとね、自分で探しに行かないと見つけられないくらいには他人とかぶる事はまずない)

本物のスーパーモタードを味わいたいと思ったらCRF450RやKX450の足回りをごっそり換装して乗ると市販車では絶対得られない飛ぶような刺激を体感できますが(実際飛んで行きますし)、競技専用車両という事は早く走る事以外全部を置いてきているのでお察しください。

公道走行可能な刺激的なモタードだとハスクバーナの701supermotoとかありますが、気軽さは無いです。

というより競技性が高くなればなるほどストイックに求めていってしまうのは、WR250Rに乗って分かった自分の性格みたいなものでもあるので、見た目こそモタードだけど、サスペンションの減衰性能やエンジンの出力性能、そういった牙のようなものが抜かれたバイクだからこそ見える景色もあるかなって。

これはDトラッカー150のカワサキ公式の紹介動画なのですが、用途的にスクーターの延長線上にあるような使い方がメインというのがしっかり現れているので、イメージ通りかなって。




これは今から5年ほど前にWR250Rを購入した時の記事。
軽量ハイパワーで何処へでも!!楽しみ方さえ選べるオフ車! : ☃️バイクで見てきた世界⛄️



競技性の高いバイクを求めていたのがよくわかりますw

ただ、ベースがオフ車である以上ケツの痛みは共通になりそうなので、なんか考えないとなぁ。

さて、購入したらどこへ行こうかな🛵



壊れない、壊れにくいと言えばホンダ


例えば以前に友人が乗っていたホンダのPCX125とか状態が良いとは言えなくても良いお値段😇
PCX(ホンダ)のバイクを探すなら【グーバイク】



まぁ、PCXは僕のデザインの好みにとても合わないし高いしで候補から外れました。

ただ燃費とか壊れにくさは流石ホンダなんですよね。足としては最高。

そこで、以前にちょっと気になったX-ADVというスクーターを調べたらこれ、大型だったんですねw
都会で、自然で、映えるスタイリング X-ADV
出典:X-ADV | Honda

これ本当にスクーターかよって感じの見た目だし、足回りとかシティスポーツの領域は超えててとても好きなんですが、お値段見て(これ買う余裕があるなら程度の良い軽自動車買うよな。)と。。

そんなこんなでホンダのバイクラインナップを眺めていると、どうやらこれの150ccモデルがあるのを確認。

タフで洗練された外観ADV150写真
出典:デザイン | ADV150 | Honda

デザインがとても気に入り詳しく調べるとエンジンはPCX150をベースに低回転域にトルクを増やす様にECUチューニングを行い、リアショックもリザーバータンクが付いているタイプに変更されストローク量もアップ。

加えてタイヤも適度にブロックパターン化されたものが装着されていて、本当の意味でのフラットダートなら楽しめそうな造り。

見た目だけじゃなく、しっかり遊べるスクーターになっていて(おぉ、これ良いじゃん!150なら高速も乗れるし案外楽しいかも!)

と言う事で中古車市場を眺めるも、なんか新車価格と変わらない。と言うかそもそも中古車数が他のスクーターに比べて圧倒的に少ない。
ADV150(ホンダ)のバイクを探すなら【グーバイク】



中古でもそれなりに人気があって価格が下がらないのかも。良いお値段😇

この価格帯ならKLX250買った方が幸せだよなって思ってKLX250を眺めに行きましたが、これをやると日常の足では無く完全に趣味性が高くなってしまって余分なお金が飛んで行く事が目に見えてるのでグッと堪えて、他を探します。

正直僕の嗜好とはずれているのであれですが、壊れないと言えばスーパーカブ。の亜種?クロスカブ110。
クロスカブ110(ホンダ)のバイクを探すなら【グーバイク】



まぁ、そう値段落ちないですよねw これも結構人気車種ですしw

これも大型だったかぁ。。。のヤマハ


スクーターでもう一個、これかっこいいなぁと思ったのがあるんです。

TMAX560 TECH MAX ABSの写真
出典:カラー&スタイリング:TMAX560 - バイク・スクーター | ヤマハ発動機

ヤマハのTMAXってスクーターなんですが、これもオフィシャルサイトを見に行ったら560ccと大型になるんですね。

まぁ、新車は当然X-ADVとかと同じ様な値段です。

中古は落ち着いてると言えば落ち着いてるのですが、カスタムベースにされやすいのかなんとも言えない状態になってるのが多く、🤔と言った感じ。
TMAX(ヤマハ)のバイクを探すなら【グーバイク】



で、これもX-ADV同様に排気量の違うスクーターが用意されていて、250(XAMX)、155(NMAX)、125(NMAX)があり、それぞれちょっとずつデザインが違いました。

XMAX - バイク・スクーター | ヤマハ発動機



NMAX155 - バイク・スクーター | ヤマハ発動機



NMAX - バイク・スクーター | ヤマハ発動機



うーんNMAX125が良いかな。

色々見たけど直感的に選んだものが最終的に行き着くよねって話。


で、これら以外のスクーターも色々見ました。スズキのバーグマン200とか。

色々見た中でとりあえずの趣味と足の兼ね合いならADV150とか最適ですがお財布的に不適合です。(欲が出て他のオフ車欲しくなる)

んで、当初は割り切って50のスクーターも考えたのですが、先述の通りインターやバイパス近辺という事もあり飛ばす車が多い事多い事。



加えて朝方の大通りなんてハイエースとプロボックスがレースしてる様なモンですからね、端っこ走ってるのは恐怖です。

そうなると50は除外されまして、今度は126〜250といった高速も乗れるスクーターですが、価格帯が高いのもそうですが、そもそも日常の足として使うスクーターですし、僕はあまり高速道路を使わない人です。

となると125ccクラスが検討されます。(最近のKTMのDUKE125とかすごいカッコよくて好きなんですが、これまた趣味性が高くなり過ぎてカスタムにお金使い始めるので却下。。)

KTM 125 Duke 2021
出典:KTM 125 Duke 2021

そこで、題名通りになりますが経済性や見た目で行き着いたのがNMAX125でした。

スクーターといえばフラットフロアがメジャー(と思っていましたが最近はそうでも無い?)ですが、僕が過去に乗ったスクーターの中ではセンターコンソール?がある方が安心感が大きかったので、僕はこれが良いなと。(と言うかもっとセンターコンソール高くしてタンクの容量大きくしないのは何か理由があるのだろうか)

NMAX125センターコンソール写真
出典:特長紹介:NMAX - バイク・スクーター | ヤマハ発動機

てなわけで買って来たNMAX125!


123

123

今後の通勤快適カスタムは。。


ミドルスクリーン(疲労軽減)

USBとスマホホルダー(定番カスタム)

リアキャリア(トップケースを付けるのに必要、加えて飲料箱買いした時に括れる様にしたい)

トップケース(今後NMAX以外の趣味性の高いバイクを増車、乗り換えした時にも使える様にアルミ系)

ナックルガード(WR250の時に使っていたもの)

ハンドルカバー(同様)

バイク用ドラレコ(高いけど、毎日使うとその分リスクが増えるから保険)










 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット