☃️バイクで見てきた世界⛄️

不整地な場所を好んで走るバイク乗りが様々な世界を見てくるウェブログ٩( 'ω' )و

思い当たる節のない腹痛で、たまたま見かけた記事にそっくりの症状を見つけた結果、精神的にスッキリしたけど「開腹手術でーす」と言われたような気分のそんな内容です。

原因は水色で囲ったパーツ達でした。

KLX125クラッチパーツリスト図

別に壊れてたとかそういうんじゃないんだけど、というかむしろそういう”仕様”なので設計通りに動いてるとも言えます。

_:(´ཀ`」 ∠):



半クラが長い、ドンって繋げない、スパッと切れないそんな仕様のクラッチ

初心者にとても優しい仕様のクラッチというか、ラフにクラッチを繋いでも滑らかに繋がってくれるので、ある種左手に集中しなくて良いとも言えるそんな仕様です。

1つ目の違和感
一番最初の違和感は半端なクラッチ(略して半クラ)のエリアがとても広くて、クラッチレバーの操作がちょいちょいってできない。(しっかり全部握ってクラッチ切れる。全部離してクラッチ繋がる。)

グリップにレバーが当たるまで握らないとクラッチが切れてくれないので指二本でとかクラッチ操作ができない。

半クラに慣れてない人はこのエリアが広いのはとても優しさだと思うんですが、慣れてくるとこの握力鍛えるハンドグリップじゃないけど、めんどくさくなってくるんです。

そこで当初は半クラが短くする事が出来るZETAのレバー比を変える事が出来るクラッチレバーを購入を検討していました(良いお値段😇)


このレバーは今回の原因とは無関係にしても普通に欲しい💰

2つ目の違和感
感じた時の顔→😩

WR250Rに乗っていた時、クラッチをドンって繋いだ時、エンジンの回転数だけ上がって速度の上昇が通常時と異なる。そう クラッチが滑る という状況。

こうなってしまうと高速道路などでエンジンの回転数だけが上がって速度が出ないという致命的な状況に陥り、早急に交換しないとオイルラインにカスが溜まって壊す可能性も。。。

で、クラッチ板の交換、状況に応じて押し付けるためのスプリングも交換が必要。

KLX125は林道アタッカーの方々が使用されている事もあって、駆動系の情報は沢山あるので助かるのですが、たまに見掛けていたのがクラッチが焼けるという情報。

パワーがないので半クラを多用して回転数を維持したまま登っていく状況が多く、かつその状況にクラッチが耐え切れない事がままあると。

コンペティションマシンから見ると+40kgもあるので、なおの事クラッチには辛い。

そんな前情報もあって、青信号、スタート、レバーから手を離して回転数と合わない加速感(うゲェ😩慣らしの1000km程度しか、しかも高負荷与えてないのにもうクラッチ滑るの?プレート交換?うわぁ。。。流石にそれはないよなぁ。。。)

純正部品を見ててよくわからない部品と意図が分かって、クラッチ滑りも全部解決した記事

自分のバイクだけじゃなく、他社種流用もよくするのでパーツリストを眺めるのが結構好きなのですが、(D-Tracker150SEはパーツリストをインドネシアのカワサキアプリからしか見れないみたい)KLX125用のクラッチパーツリストを眺めてるとよく分からない部品があるなぁと以前から思ってました。

D-Tracker150SEとKLX125は共通品が多いので参考によくしています。


KLX125クラッチパーツリスト図

排気量が小さいとはいえわざわざ接触面積を減らすようなクラッチプレートが用意されてて、何のため?🤔と思っていました。

なんて検索してたか忘れてしまいましたが、クラッチプレートの関連キーワードで調べていたときに多分出てきたのがこちらの記事。
※クラッチ・ジャダースプリング | Over rebel



すっっっっっごいスッキリしましたよこの記事を読んで。

原因、症状、目的、背景全部わかるんですもの。

その後ジャダースプリングというキーワードで検索し、これらの記事が出てきましたが、同一の症状というか感じてることは近いのかなって。
XR230 クラッチの話し : たにし大記録

WR250F(2003)のクラッチ切れない対策(回答編) - しゃれこうべはしゃべらない

気持ち悪いクラッチの繋がり方も、半クラエリアがやたら広い事も、これで全部納得。

なんですが、解決するのがすごい面倒_:(´ཀ`」 ∠):




理由がわかって見て見ぬ振りが出来ぬ…がクラッチプレートの交換如きで専用工具を買うのか。。。

クラッチプレートだよ?消耗品だよ?クラッチバスケットじゃないよ?外すのは。ねぇ?

山の中でクラッチ焼けたら手持ちの工具で交換できないじゃん!って思ったけど、そういうバイクじゃなかった事を思い出して😑

実際に専用工具で外されている方の記事がこちら。
KLX125 クラッチ交換 : KLXイチニィゴー”チビみどりのブログ”



専用工具ではなくインパクトで外されている方の記事がこちら。
KLX125 KLX150用強化クラッチ by 136- - みんカラ



インパクトも専用工具もねぇ。

良いインパクトもいい値段するしなぁ。買うのは良いんだけど、まじで部屋が狭いからなぁ。。。

何かを壊して必要に迫られて買うのか、壊す前に買うのかの違いなんだけどね、いつかは買うんだけど、あー_:(´ཀ`」 ∠):

しかし、KLX125で林道アタッカーしてる人達の気合いがすごいなぁ改めて。こんなに山向きじゃないバイクで果敢にアタックしてるんだもんなぁ。

とりあえず交換にあたり必要な部品番号のメモ書きだけしておこう。

純正部品
13088-0040 プレ-ト(フリクシヨン) :3枚セットで注文可※生産中止の可能性

92145-0759 スプリング :4個セットで注文可

11061-0214 ガスケツト,クラツチ カバー

別件純正部品
リヤアクスルシャフト周り
550AA3025 ワリ ピン,3.0X25

92015-1765 ナツト,14MM

工具

多分サービスマニュアルに品番が書いてあるんだろうけど、持ってないので不明。。。。

or

これが一番高い。
うーん。。。。

それではまた〜
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット