僕がオフロードバイクとして遊ぶためにWR250Rにカスタムした内容


P_20181003_160041_vHDR_On

本格派オフロードバイクであるWR250R。

ライダー次第ではあるものの(と言うよりライダーでどうにでもなる)、ドノーマルでここまで走れるバイクがこれだ。

ぜひ全画面で見て欲しい。



もちろん僕はこんな領域で走り回れないですが、気分はこんな感じ(大事)

腕さえあればドノーマルでレーサーをカモれる(らしい)スペックを持ち合わせているWR250Rですが、このバイクでしっかり結果を残せる人は間違いなく早いです。



そこで、僕のような下手くそがそれなりに乗りやすく、オフロードで練習するのに合わせてカスタムした内容やセッティングして来た内容を備忘録として残していきたいと思う。

まずは壊さない、帰る為のカスタム


P_20170708_183522_vHDR_Auto

WR250Rでオフロードコースや林道アタックをしている人の殆どが目的地までバイクで行くスタイルだと思いますが(僕もそうです)、もし現地でバイクを壊したり怪我をしたら帰れなくなります。

なので、まずはガード類から書いていきます。

この辺はオフロードバイク全体に共通することが多いので参考になれば幸いです。

手やレバーの被害を抑えるハンドガード


二輪車と言う不安定な乗り物で、不安定なオフロードに行くんですから、こけるのは当たり前です。

転けた時にハンドルと岩の間に指が挟まれたら。。。。。

転けた時の当たりどころが悪くてレバーの根元から折れたら・・・・

想像に難く無いですね。



転けなくても林の中を走っていると飛び出ている枝に体がヒットすることがありますが、これがあれば多少は手へのダメージが軽減されるので、真っ先につけたガードはこれですね。

ちなみに、写真のハンドガードは折れては修正、折れては修正を繰り返し、ついにポッキリ逝ってしまったので、現在はいただいたこのハンドガードを装着しています。(ありがとうございます)


あと、ハンドガードのマウントですが、付属の物だとガードにヒットした時、クルッと回ってしまい、ブレーキホースのバンジョーと言う部分にヒットしてしまい、帰れなくなる事態に陥ったのでそれ以降はトップブリッジにマウントするこれを使っています。

P_20181007_234320_1_vHDR_On


最初は(トップブリッジごと壊しちゃうんじゃ?)と思って着けてなかったのですが、何度もブレーキラインを壊しかけたのでこれにしています。

トップブリッジがイカレる時は大事故な気もし始めています。

腹下をカバーするアンダーガード


アンダーガード(スキッドプレート)はハンドガードを取り付けたタイミングとほぼ同じくらいです。



まぁこれ、相当ハードなことしない限りは要らないんじゃないか?とは思ってます。

がれ場と言うより沢登りとか砕石場で遊ぶとかじゃないと腹下に硬くて重たい石がヒットする事はなかったですね。
お守り的存在ですw

YZのディスクガードを流用


P_20180108_132440_vHDR_Auto
ディスクブレーキのディスクが曲がってしまうと当然タイヤは回らないので、帰れなくなります。

そこで、共通部品の多いYZ系のディスクガードをWRに着けます。


これを着けているからなのか、今の所ローターは歪んでいないです。

実は大事なクランクケースプロテクター


IMG_20180505_160743

ここをヒットしてしまうとオイルばら撒きながら。。。。自走で帰れなくなります。。。。

見難いですが、シフトペダルとクランクケースの間に自作のプロテクターを挟んでいます。

これは硬めのスポンジ状の板材を貼り付けていて、実際にヒットした時にはこの板材が潰れてくれることでカバーしています。

ヤフオクで売っているプロテクターもそうなんですが、如何せん熱を帯びる場所なのでいつの間にか消えますw

作るよりは買う方が安いので、お好みでw

実は着けてないラジエーターガード


WRに乗り始めた時、空冷とか水冷とかよく分からなかったので、オフロードバイクにつけるべきハンドガードとアンダーガードを真っ先に着けましたが、水冷エンジンのWR250Rは本来真っ先にこれつけるべき何でしょうね。

1525608339276

幸か不幸かこんだけバイクを転かす投げる倒す木に衝突するなど、散々やってますがラジエーターガードがなくても液漏れは発生してないですね。

ラジエーターガード着けても漏れる時は漏れるらしいのですが、最初から着けとくに越した事はないので、次は着けておきます。


割れやすい純正から割れにくいミラーに


1521381271825

ピョコっと飛び出たミラーがダサいから交換する人も多いですが、オフローダーなら割れにくいミラーにしてしまうのがベスト。

現地でちょこちょこ外してリュックに入れてなんて手間もそうですが、身に着ける重量が増えるのでお勧めしません。

僕のお勧めはこれです。軽くて割れにくく、不要な時はバーパッドあたりに曲げとけます。



タイヤ周りも重要


自走で現地まで行って、自走で帰ってくるにはバイクを壊さない事も大事ですが、パンクさせない事も大事です(山奥にJAFは呼べないですからね。。。。)

P_20180331_100315_vHDR_Auto

パンク率を大幅に下げるヘビーチューブ


直接的にガードではないですが、帰宅の成功を向上させるアイテムです、



オフロード走行では空気圧を下げて走ることが多いと思いますが、空気圧を下げることでリム打ちの可能性が高まります。

そこで、普通のチューブに比べ厚みが2〜3倍くらいのチューブを使うことでリム打ちによるパンクを最小限に抑えます(帰宅するのにはとても大事なこと)

WR250Rはこれが適合します。

フロント


リア



チューブ引きちぎり防止ビードストッパー


P_20180329_182858_vHDR_Auto

これも空気圧を落とした時にタイヤのビードがリムから落ちてしまう(外れてしまう)のを防止する為のものです。
※ビードはタイヤの耳で、リムにチューブで押し付けられている部分です。

ビードが落ちなくても、タイヤとホイールが滑って空転した時チューブもタイヤと同じように動きますが、バルブが固定されているのでバルブの部分が引きちぎれます。

空気圧を落として走るならビードストッパーは必須です!

ちなみに、自走でいく我々は高速道路も使うことがあると思いますが、バランスを取りやすい(振動が出にくい)軽量のこれがおすすめです。

フロント
リア(WRはリアに2個つけれるので2個着けます)


フィーリングとフィッティングカスタム


WR250Rに乗る全ての人が同じ背や体重、筋力なら問題ないですがそんな事はないので、自分の操作しやすい様にカスタムしています。

ちなみに僕は身長183cm、体重67kg、股下84cmです。

ハンドルバーとバーライズキット


P_20180329_195217_vHDR_Auto

純正ハンドルの高さでスタンディングをすると背筋の計測見たいなポーズになるのが辛くて立ち上がりのあるハンドルバーとバーライズキットを入れていましたが、現在はバーライズキットは取り外しています。

ちなみにハンドルバーは頂き物です(ありがとうございます)



リブ付きハイシートがお勧め


4ad9a717

WRを買った当初、白い外装に青のシートが嫌で嫌で早くシートの色を白orシルバーにしたくて、自作ハイシートを作りました。



これにより、膝の曲げる角度が浅くなったので膝の痛みとシッティングとスタンディングの切り替えが楽に行える様になりました。

あるときにリブ付きのシートのバイクに乗って猿ヶ島を走るともう最高に楽チンだったので、シートの皮を汎用のリブ付きにしました。(黄色はなんででしょうね。)



シートのグリップが上がるとコーナーの安定性が劇的に変わるので、オフロードで少しでも安定と取りたければ、ぜひやって欲しいカスタム



腕の疲れ防止にハイスロットル




握り直しが無くなるのと腕の角度が楽なのでお勧めです!

スプロケを変えて半クラを少なく


下手くそなのを誤魔化すカスタムですw



純正の減速比だと1速でも半クラを使いたくなる場面が多く出てきますが、減速比を変える事でだいぶ無くなります。

他にも(1速だとトロイけど、2速だと回転が落ち込みそう。。。)ってことが少なくなります。

手に吸い付くハンドルグリップ


ハンドルグリップとグローブの相性も大事です。



WR250Rの場合、純正でついてるハンドルグリップがハーフワッフルと呼ばれるブロックパターンで、一番操作しやすいのですが、ゴムそのものの柔らかさや滑りにくさ、で社外の物を選んでいます(パッと目に飛び込んでくる場所だからこそ大事)

長くなって来たのでセッティング編は別の記事に


ひとまず純正+社外を含め部品を着けたり交換したりするカスタム編は以上です。

ちなみに、お金に余裕があればRC甲子園のヒットマンフルエキゾーストとSHORAI製のリチウムバッテリーにしたいところ。

セッティング編が書き終わり次第こちらに追記します!