知らない世界を教えてくれるタイヤ


07

サスペンションセッティングにお悩み中のゆうきですw

今日はツーリストと言うハイグリップで有りながら寿命も長くコスパ最強なタイヤに付いて語ります( ̄∇ ̄)

「タイヤ如きでそんな変わらないっしょwww」と思ってるそこの貴方!!えぇ貴方ですよ!!!

ノーマルタイヤのまま林道ツーリングに出かけて、みんなが普通に何事も無かったかの様に進むのに、自分だけまるでアイスバーンに居るかの様な進まなさを体感する事になるんですよ?凄い悔しくないですか?!僕は悔しかった_:(´ཀ`」 ∠):

なので、オフ車に乗り始めたばっかりの初心者だよって人に是非、このタイヤを履いて欲しい。



良いタイヤ良いタイヤって、何が良いの?悪い所はないの?


P_20180203_010333_vHDR_Auto

僕がこのタイヤに思う「良いタイヤ」と言うのは

1公道使用可能なタイヤ
2林道や河川敷でもライダーのスキルに問わず滑りにくい
3オフロードよりなタイヤの中では減りが異様に遅い
4入手性がよく、バイク系用品店で交換してくれる(自分でもやりやすい)
5オフロードタイヤの中では比較的安価

と言う所。

2りんかんとかナップスでも手に入るし、アマゾンでも買えるし、タイヤが柔らかいので初めてのタイヤ交換にもお勧めしたい一本♪( ´▽`)




逆にこのタイヤで「悪いタイヤ」と思う点は

1見た目…(好みはそれぞれ)
2タイヤ直径が大きくなる(足つき問題)
3燃費(若干悪くなる、ハイグリップのせい?)
4このタイヤ以外履けない体になる
5下手くそになる(らしい、僕はまだその領域には居ないw)

てな感じ。

P_20180203_165827_vHDR_Auto


1:見た目に関して言えば人の好みの世界なんで何ともな感じですが、この見た目だけで履かないと言う選択をしてしまうのは勿体無いですねw

2:タイヤの直径に関しては、ハッピーメーターになる事と足つきですかね。
純正で履いているTW302が外径654mmなのに対してツーリストは外径685mmと31mmアップε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

車高で見れば半分の15.5mmアップで、足つきで取り上げられることが多いKLX250とWR250Rでは切実な問題…

3:燃費はロングツーリングに出掛けた時に(あれ?燃費落ちたか?)と言う程度。

4:これはツーリストで林道や河川敷、ツーリングを散々した後でVE33と呼ばれるこれまた評判の良いタイヤを履いたのですが、グリップしないのなんの_:(´ཀ`」 ∠):

ツーリストのグリップに頼りきっていたせいで、良いと評判のあるタイヤですらまともに走らせることが出来ないくらいに。。。。(そのくらいオフロードでハイグリップなツーリスト)

5:多分4にも関連するんだと思いますが、一部の界隈ではツーリストを使って練習してしまうと上達しないとかで封印しているらしいです( ̄∇ ̄)


ネットのレビュー云々より実際に履いてみて欲しい


line_1518222148835

「見た目が〜」とか「足つきが〜」とか「運転技術が〜」とかあれこれ有りますが、一番大事なのは林道や河川敷に行ってその場から前に進むことも、引き下がることも出来なければ、人の助けや物を使わないと動けないんですから、あれこれ言う前に履くべき(超特大ブーメランで頭が痛い)

今、純正で装着しているD605やTW302を履いていて、そろそろ交換時期だなぁと言う人は是非ツーリストに変えて見て下さい!

P_20180208_150554_vHDR_Auto

マフラー変えるより劇的な変化を味わえるなら、このタイヤ、お買い得ではありませんか?


それではまた〜